トップ

産後に起こる腰痛の原因

出産後、腰痛に悩まされる、という人は、それほど少なくはありません。妊娠中~出産~そして産後にかけて起こり得るこの腰痛についてしっかり考えていきましょう。

・なぜ、どうして?妊娠中に腰痛になる理由

妊娠中に腰痛になる原因は、いくつかあります。妊娠中の痛みというのは人それぞれ違うもので、つわりによって激しい腰痛に悩まされる人もいます。また、妊娠中は、子どもを産みやすくするために、関節などを緩めようとするホルモンが分泌されることもあるのです。

このホルモンが分泌されると、骨盤が緩んでしまい、それを支えようとして腰痛が起きると言われています。

後期の場合は、大きくなったおなかを支えるために、背中が緊張状態になります。こうした個々による様々な理由が考えられています。

・出産後の腰痛について

出産というのは、女性にとって一大事業です。このときには、今まで想像していなかった強さで、そして想像していなかった体のいたる部位に負担がかかります。

そして、これが原因となり、産後の腰痛に悩まされることがあるのです。また、慣れない育児で気が張り詰めていたり、力の加減がわからなかったりして、腰を痛めることもあります。出産後すぐに働き始めたりした場合も、その無理が、腰痛となってやってくることがあります。

このように、妊娠中~産後に腰痛が起きる原因というのは、一つではありません。
そのために、その人その人にあった対策を講じていくことがとても重要です。かかりつけの医師に相談したりして、対策を一緒に考えていくことにしましょう。場合によっては、腰痛ベルトなどの改善グッズの購入を勧められるかもしれません。とにかく、我慢しすぎずに、「痛いこと」を伝えて、対策を講じていくことが重要です。

© Copyright 産後の腰痛改善には. All rights reserved.